「アトミックサイト スティル アライヴ」予告篇

▼アトミックサイトTV「アトミックサイト スティル アライヴ」予告篇
[映像] 福島第一原子力発電所 2012年6月26日
[音楽] Giles Lamb “Dead Island Trailer Theme”
(feat. Mairi Campbell, peter Nicholson & Guido De Groot)
[声] 安倍晋三首相「施政方針演説」2013年2月28日
[リミックス] イルコモンズ

▼「アトミックサイト・スティル・アライヴ」展
[日時] 2013年3月16日(土)~3月17日(日) 15:00-21:00
[場所] 東京・東向島 現代美術製作所
[参加] 石川雷太/伊東篤宏/山川冬樹ほか
[監修] イルコモンズ

▼2013年3月15日[金]
18:00-20:00 アトミックサイト国会議事堂前抗議

▼2013年3月16日[土]
15:00-18:30 「アトミックサイト 10万分の2年展」一般公開
19:00-20:00  映画「実録・原發供養ノ夜」リヴァイヴァル上映
20:00-21:00 「アトミックサイトは語る、第壱夜
わたしたちはなぜこんなことをしたのか」
+「原発お悩み公開相談室」

▼2013年3月17日[日]
15:00-18:00 「アトミックサイト 10万分の2年展」一般公開
19:00-20:00 「アトミックサイト・スティル・アライヴ・ライヴ/原發供養ノ夜再演」
20:00-21:00 「アトミックサイトは語る、第弐夜
わたしたちはなぜこんなことをするのか」

▼「原發供養ノ夜 劇場版」予告篇
「原發供養ノ夜」は本当に凄まじかった。激しくも美しく渦を巻く音の波にのまれた自分は様々な感情が溢れ出し、自分をコントロールできないような感覚に陥った。地獄ってこんなかも。気を抜いたら倒れそうだった。(EL TOPO Suzuki)

[料金]
3月16日 上映+トーク 19:00-21:00 500円(定員50名・要予約)
3月17日 実演+トーク 19:00-21:00 1,000円(定員50名・要予約)
※予約受付 atomicsite@excite.co.jp

▼「伊東篤宏 計画漏電RMX」
「アトミックサイト」展は混沌としている。だが、この混沌は私たちの生きるいま・ここを可視化したもの。私たちはこんな日常世界を生き抜いているという見えなかった現実の体感装置。(楠見清)

CAFMAPnoframe

[アクセス]
現代美術製作所 http://www15.ocn.ne.jp/~g-caf/
東京都墨田区墨田1-15-3  TEL 03-5630-3216
東急田園都市線・半蔵門線にて(地下鉄半蔵門線は、「押上駅」から東武伊勢崎線と繋がっています。)「南栗橋」方面行きに乗り、「曳舟駅」で、ホーム向かいの電車(東武伊勢崎線)に乗り換えて、ひと駅次の「東向島駅」で下車。

▼「アトミックサイト スティルアライヴ」広報資料

[表] B5タテ カラー PDF形式 216KB http://xfs.jp/5dMmS (3月14日ごろまでダウンロード可)
[裏] B5タテ モノクロ PDF形式 8.49MB http://xfs.jp/IF70N (3月14日ごろまでダウンロード可)

still_alive_flyer_B5_a

still_alive_flyer_B5_b

「アトミックサイト・スティル・アライヴ」展

atomic-site-still-alive_pos
▼「アトミックサイト・スティル・アライヴ」展
[日時] 2013年3月16日(土)~3月17日(日) 15:00-21:00
[場所] 東京・東向島 現代美術製作所
[参加] 石川雷太/伊東篤宏/山川冬樹ほか
[監修] イルコモンズ

REMEMBER, REMEMBER, REMEMBER 3.11.
WE NEVER NEVER NEVER NEVER FORGET.
WE NEVER NEVER NEVER NEVER FORGIVE.
WE ARE ATOMIC SITE, WE ARE EVERYWHERE.
ATOMIC SITE ARE STILL ALIVE.

※入場無料、寄付歓迎
※本展では節電はいたしませんが発電はいたします。

——————-
[プログラム]

▼2013年3月15日[金]
18:00-20:00 アトミックサイト国会議事堂前抗議

▼2013年3月16日[土]
15:00-18:30 「アトミックサイト 10万分の2年」展一般公開
19:00-20:00 映画「実録・原發供養ノ夜」リヴァイヴァル上映
20:00-21:00 「アトミックサイトは語る、第壱夜 わたしたちはなぜこんなことをしたのか」+「原発お悩み公開相談室」

▼2013年3月17日[日]
15:00-18:00 「アトミックサイト 10万分の2年」展一般公開
19:00-20:00 「アトミックサイト・スティル・アライヴ・ライヴ/原發供養ノ夜再演」
20:00-21:00 「アトミックサイトは語る、第弐夜 わたしたちはなぜこんなことをするのか」

[料金]
3月16日 上映+トーク 19:00-21:00 500円 (定員50名・要予約)
3月17日 実演+トーク 19:00-21:00 1,000円 (定員50名・要予約)
※予約受付 atomicsite@excite.co.jp

アトミックサイトTV 「11.11反原発1,000,000人大占拠 非公式 予告篇」


[声] ああ、ゆるすまじ原発を、三度ゆるすまじ原発を、すべてのくにに
[撮影・編集] イルコモンズ(アトミックサイト/原発ダダ)

「いまに見たまえ、ふたたび我われの意志は結集され、熱情のボイラーは爆発するだろう」
(ナチス軍がパリに侵攻する数日前にバタイユが岡本太郎に告げた言葉)

アトミックサイトTV 「紫陽花革命 Our Planet TV News remix #2」

動画

アトミックサイトTV 「紫陽花革命 Our Planet TV News remix #2」
[映像] Our Planet TV「再稼働撤回もとめ~官邸前に人の波」
[撮影・編集] 平野隆章
[音楽] Occupy Wall Street「あなたの顔をみせてください」
[再編集] イルコモンズ

「革命は、ひとが楽に生きるために行うものです。悲壮な顔の革命家を、私は信用いたしません。気の持ち方を、軽く、くるりと変えるのが真の革命で、それさえ出来たら、何のむずかしい問題もない筈です。」(太宰治「おさん」より)

アトミックサイトTV「再稼動首相宣言 Our Planet TV News remix」

▼アトミックサイトTV「再稼動首相宣言 Our Planet TV News remix」(2012年)

[動画] アワ・プラネットTV「野田首相の再稼動宣言に4000人が抗議」
[音声] ken23qu 「2012.06.08首相官邸前抗議活動」
[音楽] デクスター・ブリテン「コーリング」
(Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported)
[画像] ウィキペディア「Soridaijinkantei2.jpg」
(Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported)
[編集] イルコモンズ

アトミックサイト2.0 TV「こどもたちへの冬の贈りもの」

▼アトミックサイト2.0 TV「こどもたちへの冬の贈りもの」(2011-2012)
OurPlanet-TV 「”安心して暮らしたい” 福島の子どもが政府に訴え」
[edit] イルコモンズ

 「今年はプレゼントできなくて、ごめんね。来年こそ「原発のない未来」をプレゼントするからね。」(イルコモンズ)

 「わたしたちはアトミックサイトである。わたしたちは決してゆるさないし、わすれない。わたしたちはどこにでもいて、またすぐもどってくる」(アトミックサイト)

石川雷太「原発シュールレアリズム」


石川雷太展「原発シュールレアリズム」

それでも「原子力」は美しいか?
すべての無意識を発動せよ
この展覧会は、幻想とリアルと原発をめぐる
あなたのための戦場である

[会期] 2011年11月4日-27日19:00-
[会場] 仙台市青葉区 Gallery TURNAROUND

http://turn-around.jp/sb/log/eid169.html

 たぶん
 僕たちにはもう見えているはずだ
 今を見るのではなく
 未来を見ること
 未来をイメージすること
 恐れず 怯まず 止まらず
 悪いものを悪いと言いつづけ
 正しいものを正しいと言いつづける
 そして 決して 諦めないこと
 たぶん
 僕たちにはもう見えているはずだ
 (石川雷太+関本欣哉)